宇宙の技術で自動運転、日産とNASAが共同開発

2015/01/10


tansa

日産自動車と米航空宇宙局(NASA)は、自動運転車の開発に関して5年間の提携を結んだと発表しました。

共同で開発するのは、自動走行システムや自動運転車のユーザーインターフェース、自動運転車の開発に必要となるデータ分析アプリケーションなど。日産製の電気自動車をNASAに持ち込んで自動運転車の検証が行われます。

日産のカルロス・ゴーン社長兼CEOは、以前から交通量が多い市街など複雑な道路を含めたほぼすべての地域、状況で自動運転出来る車を2020年までに実用化することを目標としています。この提携により、安全で信頼できる自動運転技術の開発が加速しそうですね。